SSブログ

容疑者Xの献身【東京公演・2009年5月11日】 [エンゲキ]

※このCMのナレーションも川原さんですよ。


心は拍手をし続けたいのだが、体がついていかない。
どうも拍手筋肉が衰えてしまったようだ……。(´;ω;`)しょんぼり。
高校生の頃は、少ないエネルギーで大きな拍手を長時間する技を持っていたのだが。

劇場には、学校帰りの高校演劇部員と顧問と思われる人達もいて
懐かしく思った。

うちの部の顧問は国語教師で、
キャラメルボックスの脚本・演出の成井豊氏も、高校の国語教師だった
(※当時はまだ在職中だったかもしれない)
と嬉しそうに彼が話していた記憶がある。
元気にやっているだろうか。

///

すばらしい舞台だった。

石神の心境は、私にはとても理解できる。理由はあまり言いたくはないが。
だからといって、その”献身”を実行するかは、別である。
しかし、そこに至る心の流れは、充分にリアリティを持って同感できるものだ。

「数学は紙とえんぴつがあればできる」
というのは、ともすれば、数学者としての本流から弾き出されてしまった自分へ
繰り返し言い聞かせてきた詭弁かもしれない。
研究者の輝かしい本道を今も歩く湯川から、「天才は健在だな」と評されて
それは石神にとって慰めになっただろうか。

数学とデザインはある意味、似ているのかもしれぬとすら、思った。

石神に共感を覚えた私にとっては、花岡靖子の中盤以降の心境の変化は
とてもとても苦々しく思えた。
だから、ラストは、非常にホッとしたのだ。

///

キャラメルボックスらしい、コミカルとシリアスの混ざり具合は、
日常に身を置いて生きる普通の人々との対比で
超人的な"献身"に心を固めた石神の『昏さ』を引き立たせるのに
丁度よい塩梅だったのではないかと、私は思う。

ガリレオシリーズは、これからゆっくり、原作を読んでいこうと思っているが、
湯川は岡田達也さん、草薙は斉藤歩さんのイメージがばっちり焼き付いた。
どの俳優さんも、すばらしい演技だった。

川原和久さんは、間宮警部という役で、
草薙刑事の上司として、部下に発破をかける辣腕ぶりと、事件の解決の為ならば、
「ガリレオ先生」の知恵を拝借するのを厭わない姿勢と、剛と柔併せ持つ人物だ。
「伊丹」とは同じ「刑事役」でありながら、
劇中まったく「伊丹」を感じさせられなかった。
記者会見の段階で「できるだけ、かぶらないようにしたい」と仰っていたが、
さすがさすがである。

メモを取る姿、キーボードを操る仕草、間宮は、とにかく所作が美しい男だった。

劇中、本を持って語る、ナレーションする演出がある。
自らを照らすサスが消えた暗闇の中でも、舞台上の俳優のアドリブに
きちんとリアクションをとっている。そんな芸の細かさ……。
だいすきだ!

川原さんの、セリフ外の、言葉に頼らない演技の部分。
それもとてもすばらしく、また、好もしく魅力的に感じる。


可能ならば、せめてあと一回、もう一度観たいと思っている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

はまぐりゃー!!! ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます